エステ脱毛サロンと医療レーザー脱毛の違い

エステ脱毛サロンは光脱毛が主流です

エステ脱毛サロンは特殊なライトを照射して毛包に熱照射を行う方法で脱毛をしてくれます。
特殊なライトは黒いメラニンに吸収されやすい性質があります。
ムダ毛に光が集まると、光エネルギーは熱エネルギーに変換して、毛包に熱を与える仕組みがエステ脱毛サロンの特徴です。
エステ脱毛サロンが利用する脱毛器はIPL脱毛器やS.S.C.脱毛器と呼ぶいずれかが主流です。
S.S.C.脱毛器はジェルに含まれる成分が相乗効果を作り出して、脱毛効果を高めると同時に美肌効果を高める働きがあると言われています。
最近では、産毛などのムダ毛への効果や日焼け肌でも施術が可能と言われているハイパースキン方式と呼ぶ脱毛を行っているお店もあります。

医療レーザー脱毛は医療行為が可能なクリニックのみ

医療レーザー脱毛は、医療と名が付いている事からも、クリニックで行われている脱毛手法です。
レーザー光線はエステ脱毛サロンで利用する光脱毛器よりもパワーが高いのが特徴です。
エステ脱毛サロンの光脱毛器と同じように、黒いメラニンに吸収される性質がありますが、パワーが高いため発毛組織を破壊する効果を期待出来ます。
エステ脱毛サロンの場合、脱毛施術が完了しても、時間と伴にムダ毛が生え出す事がありますが、これは発毛組織を破壊するのではなく、機能を一時的に弱めているからです。
医療レーザー脱毛の場合は、組織破壊を行う事が出来るため、ムダ毛が生えて来ない永久性を得る事が出来るなどの違いがあります。
但し、どちらの場合でも毛周期に合わせて繰り返し脱毛を行う必要があるなどの共通点を持っています。